よくある質問

会社案内

よくある質問

土地を分割して売りたい(相続したい)
1つの土地をいくつかに分けて売ったり、数人の子が別々に相続するためには事前に分筆登記という手続を行わなければなりません。分筆登記の申請が出されると法務局の登記官が正しい内容かどうかチェックし、法務局の地図又は公図に線を入れ地番をつける等の処理を実行して初めて土地を分けたことになります。
反対に複数の土地を1つの土地にまとめる登記を合筆登記といいます。
隣の土地との境界をはっきりしたい
土地の境界を気にして生活することはあまりありません。
しかし、土地の境界について詳しく知っているのはお年寄りが多いのも事実です。 土地を購入した当時は隣の人と仲良く暮らしていても年月が経ってしまうと、子供の世代になります。 例えば、昔、親同士が口約束で通路部分を無償で貸したり借りたりしているような場合、当事者は既に亡くなっていたりすると、お互いの子供同士が正しい境界を巡って裁判に発展することがあります。
しっかりした図面(土地境界確定図や地積測量図のうち復元可能な図面)がないと水掛け論になりかねませんし、隣同士で毎日いやな思いをすることにもなりかねません。ですから、長い目で見れば少々登記測量の費用がかかっても、親が元気なうちに境界をハッキリさせておくことは、緊急ではないけどとっても重要なことなのです。是非ご相談下さい。
建物を取りこわしたので滅失登記したい
登記してある建物を取りこわしても、法務局で自動的に抹消することはありません。この時は建物滅失登記を申請する必要があります。 この登記は、平日時間の取れる方ならご自身で申請されるのもいいかもしれません。
法務局の相談窓口に行くと担当者が申請書の書き方や添付書類を丁寧に教えてくれます。
時間がない等の場合はご相談下さい。

PAGETOP