土地登記

会社案内

土地登記

不動産(土地及び建物)の物理的現況(表題部)と所有権・抵当権等(権利部)の権利関係を第三者に公示するため、法務局に備える登記簿に記録することをいいます。

表題部の登記は土地家屋調査士が行い、権利部の登記は司法書士が行います。

土地管理.comでは、不動産登記申請をトータルにサポートいたします。

土地表題登記

土地の表題登記とは新たに土地が生じた時(川や海などを埋め立てた時、水面上に土地が隆起した時など)や、国有地(里道、水路等)の払い下げを受けた後など、表題登記がない土地を取得した時、初めて登記することを土地表題登記と呼びます。
土地は建物と違い新たに生じることが少ないため、一般的に個人が表題登記を行なうことは、ほとんどないでしょう。

地目変更登記

土地は用途によって宅地・田・畑・山林など23種類に分類されています。
土地の地目変更登記とは土地の用途が変更する場合
(例・農地に住宅を建てるために地目を「畑から宅地」へ変更)に必要な登記です。
また地目の変更登記は義務付けられています。
原則、変更があった日から1ヶ月以内に地目変更登記の申請をしなければなりません。

地積更正登記

地積更正登記とは、登記簿の土地の面積と測量した後の土地の面積(実測面積)とが違う場合に、地積更正登記を申請すること言います。

分筆・合筆登記

一つの土地を複数の土地に分けて登記することを、土地分筆登記と言います。複数の土地を合併して一つの土地にして登記することを、土地合筆登記と言います。

土地の境界が分からない時

家を建てたり、土地を売り買いする時に土地の境界が分からない時に、現地を測量して、境界に境界杭を埋設します。

PAGETOP