調査士とは

会社案内

調査士とは

土地家屋調査士は不動産登記の「表示に関する登記」を土地・建物の所有者に代わって申請する職業です。不動産の状況を正確に登記記録に反映させる為に必要な調査・測量を行っています。
表示に関する登記は土地や建物の形や面積、用途が変わる度に申請する必要があります。
建物を新築・増築した場合や土地の形を分ける場合は必ず土地家屋調査士の仕事が発生します。
また、この職業につけるのは国が定めた土地家屋調査士の資格をもつ者のみとなります。

土地家屋調査士の業務

①不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は建物に関する調査及び測量をすること。
②不動産の表示に関する登記の申請手続きについて代理すること。
③不動産の表示に関する登記に関する審査請求の手続きについて代理すること。
④筆界特定の手続きについて代理すること。
⑤土地の筆界が明らかでないことを原因とする紛争に係る民間紛争解決手続きについて代理すること。

土地管理.comでは、不動産登記申請をトータルにサポートいたします。

PAGETOP